2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫


某高校さんへクラリネット修理納品に伺うと・・・
ビブラフォンの周りに集まっていたパーカスの生徒さんたちが「welcome」的な表情で楽器屋さんを見ています・・・
いやぁ~な予感がする

生徒さんによるとビブラフォンのモーターが演奏途中に切れてしまうという

モーターの基盤が不良だったらメーカー送りです。残念ながら週末のアンコンには間に合いません

先生には他校から借用できないか問合せをしてもらいながら同時進行で作業開始

スイッチボックスを開けると単純なつくり・・・
ハンダは剥がれていない・・・
考えられるのは基盤か断線


テスターなど機材がない状況・・・楽器屋さんの感だけが頼りとなる

基盤不良でない事を祈りながら、電源コードを切り取って新に接続

爆弾処理班が時限装置を解体している、まるで刑事ドラマのような風景
爆発はしませんが・・・このあと大変な事に

あ~っあ~っ指先がビリビリする
作業前にコンセントから抜いたはずなのに・・・

振り向くと、パーカスの生徒さんが笑顔でコンセントに差しているではありませんか
生徒さんは楽器屋さんのお手伝いだと思ってやったこと・・・
なにもこのタイミングで・・・と思う楽器屋さん

さてさて、感電しながら修理した楽器屋さんの感はビンゴ原因は断線でした

アンコンが終了したらメーカーに修理してもらう予定です