2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫


16:00に水戸の某中学校さんに到着
早速、先生からご注文頂いた指揮者用譜面台を組み立てる楽器屋さん

楽器店によって?営業マンによって?わかりませんが・・・
段ボールに入ったまま納品して帰るところがありますけど、弊社はすぐに使えるようにしています

合唱コンクールに間に合って良かった~
と思っていたのは楽器屋さんの独りよがり・・・

実はこの中学校さん、合唱コンクールは文化センターで開催するらしい・・・
この譜面台は使わないようです


台風が近づいているため朝から雨
休日返上の仕事ということもあり、多少憂うつなスタートです

そんな気持を吹っ飛ばしてくれるのは・・・
日曜の朝といったらNHKFMの『ブラスの響』

しか~し、ここで問題発生
荷物が多かったので商会のバネットに乗り換えてきた。このバネット、商用車だけあって防音などの作りが甘い
雨粒のひとつひとつが聞こえます

『1812』が放送される時間になると、より大きな雨粒が落ちだしたパタパタとうるさい
それじゃなくても、濡れた高速なのでタイヤハウスも半端なくうるさい

仕方なくボリュームを上げると音が割れるし
スピーカーも安物だ

東部方面が本物の大砲を使った『1812』・・・
いくら耳をすませても大砲バスドラわかりません
チャイムも十数台使ったらしいが、チャイムの音すら聴こえない

商用車で吹奏楽鑑賞を楽しもうとした楽器屋さんがバカだった


今日は楽器店でサックス講習会
企画から準備、当日の進行まで昨年入社した楽器店の社員に託してみました

若いだけあって脳みそが柔らかいです
楽器屋さんには思いつかないことばかり・・・

まもなく講習会開始という時に・・・数校の先生からSOS
若者社員に全てを任せ、楽器屋さんは学校さんへ向かいました

楽器屋さんはこの仕事をそんなに長く続けられる年齢ではありません
早いうちに後継者を育成したい楽器屋さん


商会営業マンが受注してきたテナーサックスを商会へ届けながら検品するのが楽器屋さんの役割り

商会営業マンに頼まれて楽器屋さんが学校へ納品する場合もありますが、自分が受注した商品は自分で納品したいと思うのが営業マン

今回のテナーもそのパターン。
商会営業マンに迷惑のかからないよう、念入りに検品する楽器屋さん


某中学校さんへ修理受け取りに伺ったのだが、お約束の時間より早めに到着

時間がもったいないので、近くの高校さんに挨拶に伺いました
以前の会社の時にお世話になっていましたが、現在は顧問の先生が代わっています

先生とは面識がありません。弊社も楽器屋さんもご存知ないことでしょう
初訪問は「手が離せない」など、面会をお断りされるのは想定内です
『訪問とは、○回目からカウントするんだ❗』
と、前の会社のスーパー営業マンだった社長から言われ続けてきたので、先生のお断りには馴れてます。

とりあえず事務室にご挨拶するのが常識❗
なんとなんと・・・
事務長さんをはじめ事務員さんは別の高校さんで以前お世話になった方々だったのです
以前の会社を退職して現在に至るまで、ドラマ形式でご説明させて頂きました

高校さんは事務室が予算を握っているので、今後入札に参加させて頂く可能性は大だと感じる楽器屋さん

ここまでは先週の話し・・・

昨日、事務員さんから早速見積依が・・・
そして翌日の今日、見積とカタログを提出にお伺いしました

通常は現在取引している楽器店に見積を依頼するのだが、なぜ飛びこみの楽器屋さんに

ただ単に知合いだったから・・・ではなさそうです。いろいろ気になる楽器屋さん