2016 / 01
≪ 2015 / 12 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2016 / 02 ≫



明日は勝田全国マラソン
午前中、ショップ周辺が交通規制となりますのでご注意ください



やっと仕事が終わりました
帰り道、営業車の屋根がパチパチさがわしいあられです明朝までに雪にならないことを祈りながら帰宅

※天候により明日の訪問を中止する場合があります



こんな状態で吹いているのが現実

毎年、楽器購入予算はあっても修理予算がない市町村が多い

この楽器を吹いている生徒・児童さんは一生懸命吹いてるにも関わらず…現場の先生方はわかってるが予算を動かすことはできず…



今日はグループ会社である関山商会の営業マンの代理で、A小学校へ音楽備品の納品に向かった

A小学校は市町村合併する前のA町と同じ名前だから、街の中心地にあるはずだと勝手に思い込む楽器屋さん
ところが、現地に到着するとA小学校が見当たらない仕方なく役場で学校の位置を確認
行ってみると街の中心から数キロ離れた山に囲まれたところにあった
「町名と同じ名称の学校は街の中心地にある」という楽器屋さんの仮説はもろくも崩れ去ったのであったのである

思い込みはダメですネ




県西の一部でインフルエンザが流行しているようです

楽器屋さんは生徒さんと直接対面したり、生徒が触っていた楽器を手にしたりと、いつ感染してもおかしくない状況下にあります
ですから…楽器屋さんは人一倍感染に注意しています手洗いや消毒と、言いながら予防接種はしてません
何だかんだ言いながらインフルエンザに一度も感染しない楽器屋さんこんな体にしてくれた両親に感謝

なのになのに…教頭先生から「楽器屋さんが菌をいろんな学校に振り撒いてるんじゃねぇ~か」なんて冗談を言われたりします

今までで一番ビビったのは「昨日、楽器屋さんが会話してた生徒がインフルエンザで今日休んだんだけど…大丈夫」って先生から連絡かあった時でした